今年の1月からJR上諏訪駅で駅弁が復活していました。
その名は「諏訪弁 ほいじゃねぇ」。

ゲストハウスTATAMI・れすとらん割烹いずみや・テンホウ3者の声がけで飲食店が連携し、諏訪の食の魅力を弁当箱に詰め込み誕生したそうです。

テンホウと松尾商店が共同で作った野沢菜漬け入り揚げギョーザをはじめ、ワカサギの唐揚、鯉の甘酢餡かけ、寒天、諏訪味噌味の信州ポークなどが揃ったお弁当です。

名前は諏訪地方の方言で、親しい人同士が分かれ際に交わす「では、また会おうね」という意味の方言”ほいじゃねぇ”と、”諏訪の弁当”という二つの意味を掛け合わせたそうです。

販売場所はJR上諏訪駅構内のコンビニエンスストア「ニューデイズミニ上諏訪」。
販売価格は1,080円(税込)です。

さて、そのお弁当のパッケージが春バージョンになったそうで、このタイミングでご紹介いたしました。

もうすぐ高島城も沢山の桜が優しく微笑む季節です。
早くコロナが落ち着いて、皆さんに諏訪の景色をゆっくり楽しんでもらえる事を願っています。